こんにちは。

セラピスト・カウンセラーのプロデューサー

あおいです。

 

 

今日は子供たちに怒らずに

穏やかに過ごしたいと思っても

気がついたら大声で叫んでいて

子供の寝顔を見て自己嫌悪

 

 

 

今日中にこれとこれとこの仕事を終わらせたい

と思っても

実際は思ったほど進まないうちに一日が終わる

 

月30万稼ぎたいけど

実際は10万しか稼げていない

 

素敵なパートナーが欲しいけれど

そんな人とのご縁が全くない

 

 

これらすべて

理想と現実のギャップ

 

理想はこうありたい

でも現実はこうだ

 

これってしんどいですよね~

 

でも

誰にでも一つ二つはあるある~だと思います。

 

 

理想=現実

になれば一番いいのに

なぜそうならないのか?

 

なぜ理想と現実のギャップが起こるのでしょうか?

 

 

 

それは

あなたが思っている理想が

本当の理想ではないかもしれない

っていうこと

 

 

 

 

たとえば

理想は子どもに怒らないようにしたい

でも現実は怒ってしまう

という場合

 

もしかしたら

本当の理想

本当のあなたの願望は

 

子どもを怒らない

ということではないのかもしれません。

 

 

 

 

たとえば私の場合ですが

 

4人の育児と家事に奔走していた時のこと

恥ずかしながら

今カミングアウトしますとですね

 

子どもを怒らないで一日過ごしたい

っていうのは

実は表面的な理想であって

 

 

本当はね

 

 

4人の子育てと家事が

いっぱいいっぱいでしんどくて

助けてほしかったんです。

 

 

 

助けて~

って言えばよかった

 

 

言わないから

大丈夫だと思われていたわけで

 

助けて~

ってもし素直に言っていたら

きっと助けてくれてたと思います。

 

 

だけど

子育てと家事は女がするものだとか

稼いでないんだからこれぐらいはやって当たり前とか

そんな思い込みにがんじがらめになって

言えなかったんです。

 

 

 

 

だから

本当の理想はね

 

一緒に育児したい

一緒に家事してほしい

だったんですね。

 

 

 

もしあの時

私の本当の理想

「助けてほしい」に気づいて

それを言えていたら

 

毎日子どもたちに怒鳴り散らさなくても

もっと楽にもっと楽しく

子育てできていたかもしれませんね。

 

 

 

 

こんなふうに

自分では理想だと思っていること

 

実は

本当の理想ではなくて

 

本当の理想や願望は

もっともっと

ココロの奥深いところに

眠っているのかもしれません。

 

 

 

本当の理想は

あなたのココロとカラダが

知っています。

 

 

 

それ

知りたいですか?

 

 

 

 

知りたい~!

って思った方だけ

 

ここから先

読んでくださいね。

 

 

あなたの本当の理想をみつける

セッションやっています。

 

ギャップストレス解消セッション

毎月3名様のみ募集しています。

11月は

あとお2人募集しています。

お申込みはこちらから

 

。・゜・*。・゜・*。・゜・*。・゜・。*。・゜・*。

■おまじないを唱えるだけで思い通りの人生を創造する

幸せな魔法使いになるための7つのおまじない
詳細はこちら

■ライブ配信始めました

こちらからご覧になれます

イベントサロンLuana(ルアナ)

 

■はじめましての方へ

 

■コメント・ご質問は

LINEお友だち登録はこちらから

友だち追加

 

ibマッピングを学びたいけれど

どこで学んでいいかわからない

という方

お待ちしております。

詳細はこちらから

 

*。・゜・*。・゜・*。・゜・*。・゜・。*。・゜・*。

私のライティングのスタートとなった

天狼院書店さんのHPに掲載していただいた記事たち

■ライティング・ゼミ

料理を取り分けてくれる女はオトコに媚びているわけではなかった

いけずババアの英語教師がくれた意外すぎるプレゼント

執着が嫌いだった私が母から教わったのは執着することだった

新幹線のグリーン車には目に見えない特典がついていた

ある現代国語の先生から学んだ言葉より効果的な教え

私の首を絞めていったのは、自分で決めたマイルールだった

一生ご縁がないと思っていた「オペラ」の効用は予測をはるかに上回った

学習が得意だった私が、唯一学習できなかったこと

私以外誰も知らないわがまま娘とその家族の物語

私が今髪を切れない本当の理由

老眼とはもしかしたらとてもありがたいことかもしれない

スマホがなかったあのころ、たった一時間の体験で私が味わいつくしたもの

■プロフェッショナル・ゼミ

自慢の父からスケベ親父への転落、からの復活

S婦人の奇怪な行動から見えてきたものは、認めたくない真実だった

願望を実現するために間違えてはいけないたった一つのこと

喜べない妊婦が後悔の後に手に入れた喜び

 

*

コメントを残す





CAPTCHA